脂肪吸引の掟

   

脂肪吸引後に必要不可欠なアフターケア

脂肪吸引はメスを使う美容整形です。美容整形にはダウンタイムがつきものですが、脂肪吸引の場合は術後のアフターケアが十分でないと痛みや腫れ、内出血やむくみといった症状が長引きます。少しでもダウンタイムの症状を軽くする、そして短くするためにも正しいケアをチェックしておくことが必要不可欠です。

まず、多くの人が気になるのが痛みではないでしょうか。術後、3日間が最も痛む期間と言われています。痛みの感じ方は人それぞれですが、筋肉痛の痛みに似ているようです。この3日という期間を過ぎると徐々に痛みは軽減していき、痛みの度合いもピリピリとした感じに変わります。このピリピリとした痛みは約2週間程度続くのが一般的です。施術を受ける以上、避けて通れない術後の痛みですが安静にして、クリニックから処方された痛み止めを服用することでコントロールできます。術後はできるだけ安静にするということを心がけましょう。

脂肪吸引では術後、テーピングやガードル、ストッキング、サポーターなどの圧迫アイテムを着用するアフターケアを行います。圧迫のケアを行うことによって術後、起こりやすい内出血の症状を予防・軽減するのです。施術後すぐの圧迫はクリニックで処置してもらえるのが一般的です。自分で圧迫のケアを行う場合は、医師の指示に従いましょう。通常、傷が回復してくる1週間後から、自分で圧迫のケアをするケースが多いようです。また、内出血を和らげるためには、血行を促すというアフターケアも欠かせません。湯船にゆっくりつかる・マッサージをするといったケアで、血流の流れを促します。ただし、術後すぐに内出血部分を強くマッサージしてしまうと、症状が周辺へ広がりやすいので注意が必要です。マッサージなども1週間ほどしてから行うようにしましょう。

脂肪吸引を受けて細くなるかと思いきや、逆に腫れやむくみによって太くなったように感じるというケースもあります。患部に腫れは手術による炎症で、むくみは体内に残っている麻酔液の影響や、炎症によって分泌されたリンパ液が原因で起こる症状です。通常、腫れの症状は1週間ほどすれば自然と回復していきます。ですが、積極的にケアすることでより早く症状を、緩和することもできるようです。腫れがある場合、アイシングを行うと良いでしょう。炎症で患部が腫れているので、冷やすことで回復を促します。むくみは日頃から血行不良という人に起こりやすい症状です。内出血同様、血液の流れを促進するケアが有効です。

術後、1週間程経つと患部が硬くなる症状が起こります。拘縮という症状で硬く、デコボコとした状態になるのが特徴です。拘縮もアフターケアをすることで対処できます。拘縮自体は身体の治癒反応で、3ヶ月から6ヶ月程度すると自然に回復していくのですが、やはり湯船につかって身体を温める・マッサージで血行を促進するといったケアを行うことで、回復が促されます。

脂肪吸引を受けて患部に色素沈着が残る人もいます。色素沈着はテーピングなどの圧迫で皮膚がかぶれてしまったり、手術で炎症を起こした部分に起こりやすい症状です。シミのような跡になってしまうこともあるので、気になる人も多い症状です。炎症を起こしている部分の紫外線対策を念入りにすることが、色素沈着の予防に繋がります。もしテーピングでかぶれてしまう場合は、クリニックに相談して他に圧迫する方法は無いか相談してみましょう。もし、色素沈着ができてしまったとしてもクリニックによっては、美白効果のある医薬品を処方して色素沈着対策を行ってくれる所もあるようです。

脂肪吸引の仕上がりを左右することもあるアフターケア、しっかり確認しておいて術後は行うようにしたいものです。

むくみ , アフターケア , クリニック , ダウンタイム , 内出血 , 圧迫ケア , 圧迫下着 , 手術 , 痛み , 脂肪吸引 , 腫れ