脂肪吸引の掟

   

脂肪吸引を受けた後は圧迫ケアが大事

理想のスタイルを手に入れるためによく利用されているのが脂肪吸引です。辛い運動をしなくても良いですし、食事制限も要りませんので、楽をして痩せたい人に最適です。脂肪吸引の良いところは、脂肪細胞自体を減らせるところであり、脂肪細胞自体が減少すればリバウンドの心配がありません。リバウンドはダイエットをする人たちにとって大きな悩みであり、ダイエットとリバウンドを繰り返しているうちに太りやすい体質になってしまうことも懸念すべきことです。脂肪吸引はリバウンドのリスクが少ない方法ということが利用される理由の一つになっており、行った後にすぐに痩せられることも見逃せません。
施術を行った後は、むくみや腫れなどの症状を軽減するために圧迫ケアを行うことになります。どの程度の症状が出るかには個人差がありますが、軽度であってもむくみや腫れ、施術部位に水分が溜まるといった状態になると気になります。そんな時に活用したいのが医療用サポーターであり、しっかりと圧迫することが可能です。部位によって利用すべきケア用品は異なりますので、受ける前にあらかじめどのようなラインナップがあるのかを確認しておくのが良いかもしれません。クリニックで紹介してくれることもありますので、スタッフに確認してみましょう。ガードル・ウエストニッパー・二の腕圧迫固定インナー・ストッキングなど色々な種類があり、施術を行った部位にトラブルが起こらないようにケアをしていきます。
太ももやお尻、ふくらはぎの脂肪吸引を行った場合には、1枚で広範囲のケアが行えるものを利用したいという声を多く聞きます。そのようなケースでは足首丈よりも長さのあるフルレングスタイプがおすすめであり、強力にサポートしてくれるものが安心です。同じような範囲をカバーするものでも、緩かったり密着度が足りないと上手く圧迫することができません。素材や仕組みも大事であり、パワーネットのものなどは、しっかりと対処できるようです。
施術を受けた後にクリニックでは何も行ってくれないのかというと、そうではありません。きちんと包帯で圧迫固定を行いますので、皮下出血を抑えたり、腫れを小さくすることができます。包帯はずっとつけているわけではなくて、翌日には取り外してケアできるグッズへの切り替えが行われます。きちんとケアできていれば大幅なむくみや腫れはあまり起こりませんが、軽度のむくみなどはしばらく続きますので、その点は覚えておきましょう。これは術後の経過として正常なものであり、個人差もありますが、1週間ほど経過した頃に効果を実感できる人もいるようです。長くかかる人は1週間が経過した時点でもサイズダウンしていることを実感できますが、時間の経過と共に少しずつ分かるようになりますので、焦らず治まるのを待つことが大切です。
昔はかなり長く圧迫固定をしていたようですが、今は技術の進歩によって施術を受ける側の負担がかなり減っていますので、すぐに必要でなくなるケースもあります。ですから、日常生活にはそれほど大きな影響はないと考えても差し支えありません。すぐに引いてくるのなら脂肪吸引を行いやすいのですが、それには腕の良い医師に行ってもらうことが重要です。こういった施術では医師のスキルが関係しますので、評判の良いところを探して受けなければなりません。
面倒だからとあまりケアを行わずに症状を長引かせてしまう人もいますが、一時のことですので面倒くさいなどと思わずに、しっかりと対処することが大切です。経過としては、術後1ヵ月くらいではっきりとした痩身効果を実感することができ、3~6ヵ月かけて更にに引き締まっていきます。

アフターケア , ダイエット , リバウンド , 医療用サポーター , 脂肪吸引 , 脂肪細胞