脂肪吸引の掟

   

脂肪吸引の方法はひとつじゃない!自分に合ったやり方を探そう!

美しい身体のシルエットは、女性だったら誰もが憧れるものではないでしょうか。そこでみんな考えるのがダイエットということですが、これがなかなか一夕一朝に行くというものでもないんですよね。食べたいものを我慢して、面倒なカロリ-計算や運動等、道は険しかったりする訳です。
でも、ここ数年でそんなお悩みを解決する画期的な解決法が現れましたよね。そう、それはズバリ脂肪吸引なのです。脂肪吸引と聞くと真っ先にイメ-ジされるのが、「脂肪を落としたい部分にメスを入れて、吸引する器具を挿入し脂肪を吸い取る」ということではないでしょうか。そしてこのメスを入れるというところで、「何だか痛そうで怖い」と思う人も少なくはないはずです。
実際の脂肪吸引の方法は、そんなコワいイメ-ジとはちょっと違うので安心してください。実は、方法はふたつあったりするのです。ひとつはみんなの想像通りの「切るパタ-ン」です。でも、切ると言ってもいきなり行われる訳ではないので、心配は無用です。
手術はクリニックで行われますが、まずは準備段階として体調チェックや、どこの脂肪を吸引するかといったデザインを身体にマーキングします。そして麻酔をしますが、吸引範囲の大きさによって麻酔は局部か全身かということが判断されます。その後、メスで皮膚を数ミリ切開してカニュ-レと呼ばれる細い管を挿入し、それを使って脂肪を吸引していく訳ですが、その際に血管収縮作用を持ち、麻酔が混合された液体を一緒に注入するのです。それによって出血を防ぎ、身体にかかる負担を軽減させることが可能となるので、術後の痛み等もほとんどないようですね。吸引が終わったら傷口を縫って、テ-プ等で保護すればお終いです。手術の間は眠っていたから起きたら既に終わっていたという感想を持つ人がほとんどのようですね。
さて、切るパタ-ンの脂肪吸引はこんな流れですが、じゃあ「切らないパタ-ン」というのには、一体どのような方法があるのでしょうか。切らないで脂肪を体内から追い出す方法はいくつかありますが、名前が知られているのは「ライポソニックス」です。
これは、1点に集中させた超音波を利用することで、皮膚から1.3センチ程度の深さで幅1センチの範囲の脂肪層を破壊するという、大変なスグレものなのです。ライポソニックスの最大のメリットは、脂肪の細胞そのものを超音波で破壊してしまうため、リバウンドが起こりにくいというところではないでしょうか。せっかく苦労して、脂肪が取れたとしてもリバウンドしてしまったら本当にガッカリですものね。そして、実際に身体にメスを入れた訳ではないので術後の身体への負担が掛からないということも大きなポイントと言えるでしょう。それから、一度に広範囲の脂肪除去が可能だということも手っ取り早く脂肪とサヨナラできる嬉しい利点でもあります。
ただ、気をつけなければいけないのは、ライポソニックスは安全のため皮下脂肪が2.5センチ以上ある場合の人に対して効果を発揮するという点です。つまり、ポッチャリ型の人におススメということですよね。でも、そこまでポッチャリではないという人にも、これ以外の機器を使用した切らないやり方もありますし、他脂肪溶解注射等の手段はありますのでがっかりしないでくださいね。
このように、ひと昔前とは違い脂肪吸引の世界も目を見張るほどの発展がなされているのです。以前に比べてかなり手軽に落としにくい脂肪を除去することが可能となったと言っても良いでしょう。なかなかダイエットが成功しないという人や苦労しないで脂肪を落としたいという人は、自分にピッタリの脂肪吸引方法を試してみてはいかがでしょうか。

クリニック , ダイエット , ライポソニックス , 手術 , 脂肪吸引 , 脂肪除去