ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

脂肪吸引によるダウンタイムの症状

整形手術の後に痛みや腫れなどが発生する時期の事をダウンタイムと言います。行う手術の種類や規模によって症状の種類や程度は違いますが、脂肪吸引の手術の後は痛みなどの症状が発生します。症状の種類は吸引する規模や箇所によっても違いますし、同じように手術しても個人差が出ます。脂肪吸引は比較的規模の大きい手術になると完全にダウンタイムが終わるまで1か月や2か月以上かかる事もあります。痛みや腫れなどはそれより短い時間で大体収まるので、日常生活を問題なく送れるようになるのは1か月以内というケースも多いです。少量の吸引手術の場合はもっと短い時間で回復するので、1週間ほどで回復する事もあります。少量の吸引の場合でも術後2日から3日は包帯を巻いて患部を保護するので、仕事や外出などは控えた方が良いです。包帯が取れてからの数日間は外見では症状が分かりにくいので、人目に触れても気付かれることはほぼありません。しかし人によっては腫れや痛みが強めに残る可能性もあるので、場合によっては3日以上経過しても日常生活に戻るのが難しい人もいます。


ダウンタイムの生活の中では気を付けた方がいい事ややってはいけない事がいくつかありません。まず手術後は血栓ができやすい状態なのでずっと動かないでいるのではなく、適度に体を動かすようにしないといけません。ただし激しい運動をしてしまうと痛みや腫れが悪化する可能性があるので、あくまでも体を軽く動かす生活を心がけると良いです。吸引した場所が太ももやふくらはぎの場合は横になった時にタオルや毛布を使って、心臓よりも高い位置にして寝ると治りが早くなります。術後は抜糸が済むまではシャワーを浴びたり、洗顔をするのは控えなくてはいけません。患部を強く擦ったり、触ったりするのも術後4週間以上経過するまでは控えた方が良いです。飲酒やサウナや激しい運動など汗を大量にかくような事も、術後から4週間ほどは行わないようにすると治りが良くなります。絶対にやらないとダウンタイムの症状が収まらないわけではありませんが、圧迫下着やサポーターを装着すると痛みや腫れを軽減できます。体の最終的なラインも圧迫するかしないかで変わってくるので、正しい方法で圧迫しておくと術後の症状を緩和するだけでなく、術後の見た目を整えることにも繋がります。


脂肪吸引のダウンタイムを短くするための治療として高周波温熱機器を使ったアフターケアトリートメントがあります。高周波温熱機器を使ったケアは体を温める効果があって、表面の温度を上げるだけでなく、深部から体を温めるので代謝を上げる効果が期待できます。痛みや内出血の治癒を早めるのはもちろんですが、患部の傷跡や色素の改善や患部のでこぼこを改善する効果があります。脂肪吸引の術後に使うと患部の治癒を早めてくれて見た目も整えてくれるので、絶対に行わないといけない治療ではないものの、可能ならば行った方がメリットがあります。
脂肪吸引手術を行った後のダウンタイムの症状を和らげる対策をするのも大切ですが、手術前に症状について手術前に医師に聞いておく事が重要です。症状について知識がない状態で術後を迎えると予想外の事態が起きる事もありますし、正しい対処ができない事もあります。そのため手術を受ける時は術後の症状も含めて事前に医師に相談するべきです。手術が終わった後は医師の指示を絶対に守って、禁止されている事は絶対にしてはいけません。薬を処方された時は使用する量やタイミングを守って、自分の判断で服用を中止しないようにするべきです。また術後の症状は人によって個人差があるので、人よりも長引く可能性も考えて術後の予定を立てると良いです。

最終更新日

ダイエット , ダウンタイム , 医療用サポーター , 圧迫ケア , 圧迫下着 , 痛み , 脂肪吸引 , 脂肪除去 , 腫れ , 部分施術