脂肪吸引の掟

メインビジュアル

脂肪吸引とは、脂肪を減らしたい部分に脂肪吸引管を挿入し、吸引し除去していく方法となります。フランスのイルーズ医師が1977年に開発したカニューラ吸引法が主流となっています。皮膚の切開口は約3ミリから5ミリとなり、広範囲の皮下脂肪を吸引して除去することができると考えて間違いありません。治療については、技術と同時に医療機器もも進歩しています。進吸引管についてはサイズを細くしたり、吸引口に対する保護を行う等、様々な工夫がなされています。